新着情報

2011年10月の記事一覧

お茶で九州をひとつに結ぶ「聖福寺献上・茶壺道中」


 平成23年10月8日(土)、9日(日)の両日、第1回聖福寺献上・茶壺道中が開催された。
 一行は、八女玉露の入った茶壺を持ち、8日の午前中、八女市黒木町の八女茶発祥の地「霊巌寺」を出発し、九州新幹線の筑後船小屋駅から新幹線に乗って博多駅へ向かった。九州各県より、南九州市・嬉野市・東彼杵町・八女市が集結した。
 9日、博多駅で行われたオープニングセレモニーでは、4市町長のあいさつ、八女茶山唄が披露された。聖福寺に向けて出発した八女茶一行には、三田村統之八女市長・重野正敏県茶連会長・松延利博JAふくおか八女組合長他茶業部会役員が羽織り袴姿で参列した。
 茶壺道中には総勢約150名が参加し、新しい九州のお茶産地の歴史の幕開けとなった。
 

農林水産大臣賞受賞の玉露 1kg当たり 517,200円の高値で落札


第65回全国茶品評会出品茶の入札会が9月29日に鹿児島県で開催され、全国から184商社が参加された。
福岡県八女市星野村の立石安範さんが農林水産大臣賞を獲得した「玉露」は、全ての茶種の中で最高の1kg517,200円で京都府の(株)西村幸太郎商店が落札された。